雑記

開業して1年経って個人事業主が楽天カード(JCB)の審査を通った話

投稿日:

rakutencard

開業して1年経って個人事業主が楽天カード(JCB)の審査を通った話。

2015年2月に楽天カード(JCB)の審査を通って無事に発行出来た。開業届自体は2014年2月に提出しているので1年越し、念願のクレジットカード取得だ。なお、記事タイトルで「やっと」とは書いているが、楽天カードを発行してもうそろそろ1年になる。

メインのサイトを運営するにあたって必要になるレンタルサーバー・ドメイン・備品・格安SIMなどの費用をクレジットカードで払おうと思いたったのが2015年2月頃。2014年にも楽天カードを申し込んだのだけど見事に審査落ちしてしまった。個人事業主としての申し込みだったけど楽天カードに落ちるのは恥ずかしい。

ネットでは「クレジットカードの審査に落ちたら半年は期間をあけたほうがいい」という記述が散見されるため2014年中のクレジットカードの申し込みは断念した。

そして年が明けて2015年2月13日16時7分に楽天カードの申し込みをした。2014年よりもアフィリエイトで収益をあげていたのでリトライ。電話がかかってくれば審査通過のことでいつ電話がくるかそわそわしていたところ、18時前に見知らぬ電話番号から電話がかかってきた。もしかしてと思って出てみたところやはり楽天カードの本人確認の電話だった。聞かれたことに対して正直に応えて終了。電話番号は後から調べたら福岡のものだった。

18時5分に「カード発行手続き完了のお知らせ」メールが届いて無事に審査が通過した。よかったよかった。で、手元に届いたのは2月19日の15時頃。申し込みから発行まで6日間かかった。それから早速auとdocomoの月額料金をクレジットカードで支払うようにした。発行時の利用可能額は50万だった。12月に個人用として取得したビュー・スイカカードは20万だったので楽天カードは太っ腹だった。

これから仕事を辞めて個人事業主としてやっていこうと考えている人は、定職についている人は仕事を辞める前に事業用のクレジットカードを作っておいたほうが良い。個人事業主だと通らない可能性がある。

 

格安SIMはBIGLOBEなどの口座振替でも契約できるところもあるが、実際のところはクレジットカードで払ったほうが選択肢が圧倒的に広がる。デビットカードという選択肢もあるが、2015年12月にはIIJmioがデビットカードでの新規申し込みを終了してしまったし締め出しが厳しくなってきた。

おそらくはデビットカードの口座に金が入ってなくて月額料金が引き落とせないなどの問題が多発したからであろう。クレジットカードが取得出来ないのはその程度のステータスしか無いようだと判断されるようである。公安9課でこれを書いたら顰蹙を買いそうなのでこちらに書く。

 

以上。これから作ろうとしている人の参考になれば幸い。


-雑記
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.